母は未熟児の我が子のために「手袋」をそばに置いて帰る…→看護婦は翌日にその本当の意味を知る‥‥。

2001年、ヤミール・ジャクソンさんは我が子の誕生を待ちわびていました。
しかし、6か月を過ぎたあたりから彼女は妊娠高血圧腎症と呼ばれる深刻な症状を抱えることになります。
これは妊娠期に発症するのもで、血圧が非常に高くなってしまう症状です。

母子の健康状態を憂慮した医師たちは、この段階で出産することを決断します。
このため予定日から12週も早い段階で赤ん坊のザガリーちゃんが誕生。
体重わずか1キロほどの未熟児として生まれたザガリーちゃんは、出産から155日もの間、集中治療室で過ごさなくてはなりませんでした。

ヤミールさんは毎日ザカリーちゃんに寄り添いたいのですが、病院では夜間の面会が認められていません。
そのため、子供と別れるたびに心引き裂かれる思いをしたそうです。

Pages: 1 2

スポンサードリンク

adress

429 Bathurst street,Toronto,ON,CAN

Business hours

24/7 available

いいねしないでも読める記事...
Buzz Create

スポンサードリンク

kei Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です